写メ日記 | わんことの対話んこ

わんことの対話んこ

2021/10/22 23:13:00



こんばんは。
あきとです。
そして、隣には毎度お馴染みの
口を開けた子豚さん。


誰もが、
口を揃えて言います。
"我が子が1番!!!!"

すごくわかります。

僕ら人間の言葉は、
わんこに通じるわけないのに、、、

逆にわんこの言うことは
僕らにはわかるわけないのに、、、

長く連れ添うと

あれ、眠いのかな
あれ、お腹すいたのかな、喉乾いたのかな
あれ、こっち来てって呼んでんの?

とかとか、
なんとなくわんこが言ってることが
言わんとしてることがわかってくるんですよね
不思議、、、

阿吽の呼吸ってやつですかね。

この、わんことの呼吸。
何を考えているのかな?という洞察力。

やはり、寄り添った時間なのかな。
と思っています。


きっと、
ユーザー様は、お気に入りのセラピストが居て
その人と月日を重ねると
言わずしてわかる。相手の気持ち。

嫌なことが表情から伝わったり、

本心を隠してることが何となくわかったり

はぶててる。嫉妬してる。

色んな感情が手にとるようにわかるように
なってくる感覚があると思います。

素敵ですよね。
言わずして伝わる。

そして、何より
居心地が良い。

それってきっと、
相手のことを無意識のうちに
思いやってるからや思います。

"無言の空間でも気まずくない"

一緒にいるのが嫌な人、
緊張してしまう人、自分から距離を取ってる人
なんか一枚壁を感じてしまう人。

無言の時間って地獄だったりする。
無言をなくすために、
ひたすらに間をなくす為に話してしまう。

そしてどっ、、、、と疲れる。

でも、自分から望んで一緒に居たい。
と思ってる人との時間ってあっという間。

時には喧嘩もして、
互いにすれ違う。

けど、すれ違っても元に戻りたいと
願える人に出会えるのって
それがセラピストであっても素敵やと思う。

気を遣える、、、そんなんじゃなくて
一瞬でも日常からエスケープできる場所。

そんな居場所になりたいものですね。


わんこは大切なものを
沢山教えてくれます。


日常から解放されつつ
日常への活力を与えられる。


そんな居場所になりたいものです。


私は犬になりたい。

amen東京 さだまさし