写メ日記

質問箱もたくさんご質問いただいてるので、反響の大きかったものをアーカイブ的に気まぐれで投稿きていこうと思っているTAKAHASHIです。
ご質問内容は写真を参照くださいませ
以下、回答内容です
↓↓↓↓↓↓
なるほど。それは虚しいですね。事前準備が甲斐なきものになるのは本当に虚しいし「おまえにこの肩透かしくらった気持ちがわかんのか!」と言いたくもなります。
シャワーを浴びてベッドの上でスターティングポジションにつき、パウダー性感やオイルマッサージを行うという段取りの場合、この時点で全裸+バスローブ/ガウンになっていただく方が都合いいので、そのような案内になるのも理解できます。よってその前に仕掛けるのが得策と言えましょう。
お客様がシャワーに行く際に「全裸+バスローブで出てきて」と言われた場合
取るべきアクションは2つに1つです。
①「あのね、今日は可愛い下着つけてきたの。あなたが脱がせて(ハート)」と脱衣エスコートを要請する。
→この時点で脱衣サポートするセラピの背中に手を回すなどしてゼロキョリからの吐息のメインディッシュを楽しみましょう。
→場合によってはこのままおっ始まる可能性もございますね(ドキドキ)。
②指示をガン無視して、シャワー後に下着をつけて出てくる
→これで「全裸+バスローブだって言ったじゃねーか」といえるセラピはそう多くありません。この状況に対応すべくセラピは可愛い下着を目で楽しんで脱衣サポートもする方向にスイッチします。そして思うようにいかない女性を相手にする時ほど、男というのは燃えるものです。
さらに無難に事を進めるには「可愛い下着つけていくね!」と前日に言っておきましょう。
→これすらも無視して、せっかくチョイスした可愛い下着を愛でてくれないセラピはさすがにカットアウトかもしれませんね。
春は出会いの季節なのか別れの季節なのか、そんなことを考えると結局泣きたくなるTAKAHASHIです。

ここ数日は卒業式をやってる学校の横を通ったりしながら、柏原〇恵さんの『春なのに』が脳内で再生されます。柏原〇恵さんといえば、ビーバップハイスクールでの女子大生役がイイオンナなんだよなぁとかそんな事を思い返しています。

柏原〇恵に関する日記でした

自覚症状や身に覚えがなくとも、性病検査は毎回ビクビクするTAKAHASHIです。

タイトル通りではございますが、性病検査オールクリアで背中に羽根がはえております。

ピュアなシンボルをぶらさげて今月もスタートです。
IT系のトラブルシューティングの為に英文サイトを隅々まで読んで久々の英語の海に溺れ知恵熱を出しかけているTAKAHASHIです。

時間は有限なので、学びを得るために教えを乞うのも実体験するのもその時間の制約ゆえに限度があります。

そこで大切なのは他者の知識・経験を自分のこととして採り入れて学ぶことだな、と。

Twitterランドでは毎月のようにどこかで火の手が上がってます。その多くはお客様目線で語られた悲しい女風利用エピソードや、セラピストさんの失言関連かなと思います。

ほとんどのセラピストにとっては、いやいや、そんな言動するわきゃないだろー、といった内容なので、それらを対岸の火事のように見て、耳触りのよい意識高い発言をするのは容易ですが、それを我がことのように受け止めて、今からの自分への戒めや意識変革に変えていくことは、意識的にやろうと思っても難しい、けど目を背けるのも違う。
ともすれば、何かしら女性やお金に対する見方や、スタンスが変わると、一転してその火の手の渦中に自分が立つような言動をしてしまうとも限らないので。

やっぱり時間とお金とお身体と、大切なものを預けていただく世界なので、ブレてはいけないものってあるはずなんですよね。
一度も歩いたことのない道を歩いてみるのが好きなTAKAHASHIです。(行き止まりも美学)

完全にオフの日は、体力の限界まで歩いて電車やバスで帰ってきたり、車で出かけた先で歩き回ってみるのが楽しいのです。

とんでもない豪邸を発見したり、入ってみたいカフェを見つけたり…と結構収穫があるんですよね。

今日も20,000歩ちかく歩いたので、ちょいとお昼寝が必要な疲労感です。