ブログ

質問
 

Q.お会いして5回目程からセラピさんのアレが立たなくなってしまいました。やっぱり立たないということは、女性として私に魅力がない、又は飽きた…ということでしょうか?


元の質問はこちら
そのセラピストさんの状況と必ずしも一致するとはかぎりませんが、私自身のケースも参考にかいとうしてみたいとおもいます。

結論だけ先に述べますと、質問者様が心配なさっている
・女性として魅力がない
・飽きた
ではないと思っています。

そもそも女風セラピストはプライベートのパートナーやセフレのようにお客様を見るのではなく
・施術をさせていただくお客様として見ている
・二人でお風呂やベッドにいる時間も常に「仕事をしている」意識がある
というのがあります。(これは当然です)
加えて、職業柄どうしても「女性の裸体を見ることに慣れている」というのも加わってそもそも勃ちにくいという状況にあるのが実状です。
(風俗嬢さんでも自身がサービス中にヌレヌレになる人はレアです)

初めましての頃は、やはり「出会ったばかりの女性とスケベする」という社会生活一般で考えると異常事態といえるシチュエーションにフル勃起することは当然あるのですが、何度かお会いするうちに少なくとも「慣れる」ことはあると思います。

「慣れ」によって「異常事態」感が薄れ、職業柄の「勃ちにくい」が勝ってしまっているというのがセラピストさんが勃たなくなってしまった主要因ではないかと思います。
つまり、初回でもないかぎり、相当魅力的であったとしても、裸を見たくらいではそう簡単に勃たないのが風俗従事者のかなしい性なのです。

AV男優さんであれば勃たせることが仕事上絶対に求められるスキルですが、女風セラピストは施術において「勃起していなければならない」ことはないので、このスキルまで保有している人はごく稀かと思います。
とはいえ、セラピストが勃つことは、利用者様が「女性として魅力を感じてもらっている」ことを理解するためのわかりやすい反応であり、歓迎される場面が多いことは理解しています。

しかしながら「慣れてんじゃねー」「毎回新鮮に勃起しろや」というのはなかなかむずかしいものがありますので、「慣れ」を打破するにはやはり「新しいことをする」というエッセンスがあってもいいかもしれません。

質問者様が、じっとマグロに徹するスタイルなのであれば、「ちょっと攻めてみる」を入れるだけでも大きな変化ですし、(無論、女風はお客様が「攻めなければならない」ことはないので、この限りではないですが、「攻めることもれっきとした風俗の楽しみ方であり選択肢のひとつ」という観点で申し上げています)いつもおきまりの流れがあるのであれば新しいプレイを採り入れてみる(リクエストしてみる)のも一興です。たとえば今までやったことないけど、当該セラピストさんが得意で最も興奮度が高いものをやってみてもらう、とかですね。
質問
 

Q.言わばテンポラリーM、みたいなタイプはS側は接していて分かるものですか?M女性の中に割合的に多かったりしますか?


元の質問はこちら

まずは最長質問賞を授与します。商品はどちらかというと僕が欲しいgifteeのハーゲンダッツとかでいい。しかしながら問われているのは大事な話なので、かいつまんで答えます。

ご質問を整理すると、マゾの分類整理と分布の話になります。出てきたのは以下のようなカットですね
・Mは役割か、生き方か(Mはプレイ時限定がいいかずっと継続してたいか、プレイ時以外でSとどういう距離感か)
・受けたいプレイが自分で決まっているか、決まっていない(相手がよければよい、結果堕ちられればよい等)か
・SMと恋愛やセックスは、分かれているか一体化しているか
・SMは性にとってMUSTか、Nice to haveか

結論から言うと、どの組み合わせもそこそこにいます。しかし多くのSMに関わる人(SでもMでも)が、この中で特定の属性を持つ/持たない人を上に見たり下に見たりします。

特に多くのSはプライドが高くて自分が御せないMが嫌いなので、自分の思い通りにならないMを否定したり距離をおいたり雑に心配してみたりしがちです。僕に言わせれば単に了見の狭さやきちんと向き合ってきた事例不足によるもので、つまらん話だなと思っています。

SMこうあるべきが出てくるのは特定の属性を持つ人が多い少ないの問題ではなく、各々が勝手に自分のSM論を開陳して、自分の需要と合わない人を腐している結果です。どこにも正解などないので、誰に何を言われようと自分の欲しいものとまっすぐ向き合った人の勝ちです。楽しみましょう。

そしてこういうこと言う人は得てしてSM界隈と水が合わないので、僕は少し離れた所で、あまりマスに刺さらないような遊び方を細々と提供していきたいと思います。
質問
 

Q.初めはゴムを必ず付けていたのに、途中から付けなくなりました。きっと言えば付けてくれると思うんですが雰囲気が壊れないような言い方を教えて欲しいです。



「関係」というワードを使ってくださっているので、おそらくセ〇レさんもしくは愛人関係の方との間のお悩みという前提で考えさせていただきますね。(セラピさんとの間のことだったら、立場上何も申し上げられないので)

全文を読んで最初に抱いた感想は
「質問者様の身体よりも"守る価値のある雰囲気"って存在するのでしょうか?」です。

私のオピニオンは上記の通りなのですが、その上で可能なかぎり雰囲気をキープするならば
「ねえ…つけて?」です。これで十分なはずです。

相手がもし質問者様の身体をを軽んじているならば
「今もってないからこのまま…」みたいなことを言ってくるかもしれません。
その時はさすがに雰囲気だのなんだの言っていられませんので、こう言いましょう。

「たとえば後日生理がこなくなって、妊娠が発覚した場合父親はあなたしか考えられないし、DNA鑑定や堕胎費用のことで揉めたくないので、私はゴムをつけてしたい。」

これでちゃんと省みることができる男性なら関係を継続するだけの価値がありますが、そうでなければ(この迫力に負けて引いてしまうことも含む)どんなに上手いとしても全力で切りましょう。
質問
 

Q.アナル、膣、それぞれに、一人遊びする際などにお勧めローション教えて下さい。



膣はローションは水分吸うのでダメで、潤滑ゼリー(リューブゼリーが有名ですが合わない人もいる。それ用なら結構なんでもよい)

アナルはぺぺのバックドア(紫色の蓋)か、僕も愛用のブランシークレット
質問
 

Q.エロ自撮りを欲しがるセラピさん、本当に欲しがっているのでしょうか……



ふむふむ。そういうケースがあるのですね。
私も実に愚かで汚らわしいオトコの部分を持っておりますので、「もらえるなら欲しい」とは思うでしょうね。

しかしながら、相手がセラピストであって、質問者様がそれを撮ってあげることについて懐疑的であるならば、仮に相手が純度100%混じり気なしで欲しがっているとしてもちょっと待ってくださいね。

かなり良心的な解釈をするならば
・「エロ自撮り送って~」というやりとりの中で羞恥心も刺激し、距離を縮めてより隠匿の関係を醸成するという演出である
・純粋に質問者様に対して好もしい感情を抱いており、男の子として本当に欲しい
という捉え方もできます。が、この限りではありません。

性悪説で考えていくと
・悪用されるかもしれない
・実はすごく下衆い人で、同僚セラピと見せ合って「自分に沼って言うこと聞いてくれる人」として嗤われる
・そもそも裏垢の延長みたいな心構えでセラピストの立場を利用して私欲を満たしているだけ
というふうにも捉えられてしまいます。

むろん、この性悪説3本立てではないのだろうと思いますが、質問者様が言われたとおりにエロ自撮りを差し出した場合に万が一性悪説パターンに合致していたら…?というリスクや傷の深さを思うと、応じない方がよろしいかと思います。

良好な関係ができていて質問者様が「んもぅ~、今回だけだからね」と言えるのであれば無理に引き留めはしませんが…。